Windows Media Player 12の負荷が高いとき(HDD-I/O-High)の対処法

免責事項

Windows Media Player 12が重い時の対処方法

設定を変更すると各販売メーカーのサポート対象外になる可能性がありますので、ご自身の責任においてお試しください。

当サイトに掲載されている情報を利用したことによるいかなるトラブル、あるいは損失、損害についても当方は一切の責任を負わないものとします。

公式の情報ではないので、参考程度にご覧ください。

-
記事公開日:
記事更新日:2020年03月20日

Windows Media Player 12を開く度に異常なディスクアクセスが発生

※この現象を確認した環境はWindows 10 November Update(ver 1511, build 10586.589)のWindows Media Player(ver 12.0.10011.16384)です。

Windows Media Player 12を開くとディスク負荷が異常に高くなる図
↑私の場合、外付けのGドライブとIドライブに大量の素材ファイルを格納しています。

1つのファイルを視聴しただけで、
ハードディスクがガリガリと嫌な音を立てていたので、タスクマネージャーで調べたところ異常なディスクアクセス(I/O)負荷が掛かっていました。

リソースモニターで詳しく診てみると、

System PID 4 が大量のディスクI/Oを使用している図

「System PID 4」というプロセスがずらりと並んでいます。

最初はウィルススキャンでも走っているのかなぁと思いましたが、
ウィルススキャンと断定するにはどうも頻度が高すぎるので、
3ヶ月間、毎日タスクマネージャーを開きながら作業してみたところ、

Windows Media Playerを開いた時のみ異常な負荷が掛かる事が分かりました。

音楽ファイルの数が1万ファイルを超えた辺りから様子がおかしくなった

異常を感じた始めたのは、制作に必要な素材集を購入したことにより(音声や効果音を含む)音楽ファイルが1万個を超えた辺りからでした。

職業柄、画像はもともと数十万ファイルありましたが、画像をWindows Media Playerで開くことはないので、これまで大きなトラブルもなく、 趣味で聴いていた音楽アルバムが2千曲くらいあった時も問題はありませんでした。(これらの事柄から考察すると影響するのはあくまでも音楽ファイルの数であり、画像や写真の数は関係ないかもしれません)

とにかく所持ファイル数が多いので、各アプリケーションの同期設定はすべてオフにしていますが、同期をオフにしていてもWindows Media Playerだけは開く度にディスクスキャンが走っているような状態でした。

[ 対処法 ] デバイスマネージャーで外付けHDDを無効にする

結果として、
「Windows10のスタートメニュー > すべてのアプリ > Windows 管理ツール > コンピューターの管理」でデバイスマネージャーを開き、 音楽・画像・映像が大量に入っているポータブルデバイスを「無効」にすることで、Windows Media Player 12に起因するディスクI/O負荷を大幅に削減できました。

デバイスマネージャーでポータブルデバイスを無効にしているところの図

参考元: Windows Media Player 12 のUSB外付ディスクへのアクセスを止めたい - マイクロソフト コミュニティ


私自身、デバイスを無効にしたらファイル自体にアクセスできなくなるのでは?
と思いましたが、ポータブルデバイスを無効にしてもエクスプローラーや他のアプリケーションからは普通に外付けデバイスのファイルにアクセスできました。

Windowsエクスプローラーでハードディスクを表示している図
↑ポータブルデバイスを無効にしても普通にアクセスできる。

謎の仕様ですが、設定を変更してから2週間経った現在も特に問題なく、
むしろディスクI/Oが減ったのでパソコンの動作が軽快になりました。

Windows Media Player 12のライブラリ画面
Windows Media Player 12を開いても負荷がかからなくなった図
↑私の場合、外付けのGドライブとIドライブに大量の素材ファイルを格納しています。

外付けHDDを有効に戻したいけどデバイスマネージャーに表示されない場合

デバイスマネージャーで非表示のデバイスを表示する図

「非表示のデバイスの表示」でデバイスを再表示して
「有効」に戻せばいいです。

ただし、これらの操作はすべて自己責任で行ってください。
作業前には必ずバックアップを取得しておくことを強くお勧めします。

その他の手法の検証結果/備忘録を開く
-
-